★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラミラクルラブストーリー

Ci091227225326.jpg
今さらながら、名画座で見てきちゃった。
しかし私は未熟者で、いったいこの映画をどう表現していいのか
わかんない。

松ケンの津軽弁と農薬かぶり、これしかこの映画について
情報がなかったので、かなりの衝撃でした。
松ケンは、のびのび、しなやか、見ほれてしまったし。
麻生久美子は大好きなんで、本当かわいかった。
スタイリングも旦那様だし。

なんかで見た松ケンの黒いだぶっとしたセーター姿
かわいいと思ってたんだけど、まさかあんなシーンに
つながるとは・・・。

笑っていいんだか、どうだか、最後まで考えちゃった。

あと、大好きなARATA、予想外すぎる。
彼のすばらしすぎる声がもっともアピールされる
役ではあるけどね。

色々なところで、ぎりぎりすぎる映画。

みうらじゅん ベストスライド

P1000532.jpg
なぜか茅ヶ崎(このツリーの後ろの会場)で、突然のベストスライドショー。
うーん、なぜに今?

とはいえ、超遠いけど、行ってまいりました。やっぱせいこうが
いないと、MJ自らの突っ込みになるので、いつもとは違う
雰囲気。段取りがあるんだかないんだかスライドは進んでいき、
おなじみの写真もちらほら。

朝が早かったんで、ちょっとうとうとしちゃったよ。
じゅん、ごめん!

ウクレレえいじさん、初めてパフォーマンス見ました。
一生懸命の姿に好感。いや、芸もおもしろかったけど。

これでスライドやめるわけじゃないのよね?
今後も応援していきます。

束芋~断面の世代~

P1000528.jpg

2001年、トリエンナーレで彼女に出会ってから、結構
追っかけて見てきたつもりだけど、久々に見ることが
できた。
しかも横浜美術館20周年記念(これも驚き!)の特別展示とは!

入った瞬間、彼女の世界が美術館を埋め尽くす。
でもいきなりモノクロで驚く。最初の展示が、話題の「悪人」の
挿絵。かなりグロいけれど、最近かなり内面世界に入り込んだ
作品が多くなったということで、新たな彼女の局面に目を
奪われる。でもやっぱりそのときの小説の筋が知りたいな。

映像作品には相変わらず、心魅かれる。
前よりずっと観念的な作品になっているけれど、
どんな作品をこれからも見せてくれるのか、興味は続く。

写真はないけど、トートバッグを購入。グッズもなかなかみんな素敵
でした。

千年の祈り

Ci091213213301.jpg

静かな映画だ。
ウェイン・ワンといえば、「スモーク」だけど、
本当言われてることだけど、やっぱこの映画を思い出す。
ジェニロペの「メイド・イン・マンハッタン」とかも
撮ってるから、職人だよな。

このお父さんの所作ひとつで、なんだか涙が出てくる。
若いときは、働くことや恋愛で頭がいっぱいで、毎日を
過ごすのに精一杯。年をとると、時間もできて、改めて
三度の食事をはじめとする日々の生活がいかに大切な
ものかがわかる。

でもその当たり前のことが、何年もふたりにあった溝が
深すぎて、邪魔をして、伝わらない。

最後にやっとふたりが長年の思いをぶつけあう。
その時、彼らはどう思ったのか、この後、どうなるのか
詳しい説明はない。

だけど、ほんのちょっとだけ、ふたりの表情には、どこか
ほっとしたようなものが感じられる。


空気人形

Ci091205235549.jpg
評判のよさと是枝監督の新作ということで、見に行きたかったけど
逃したと思ってたら、小林信彦先生がほめてるじゃないですか。
行くしかありません。

いやー、ペ・ドゥナ、本当にすばらしいですね。
人形のぎこちなさって、想像がつかないものですが、彼女の
演技は説得力あり。日本語もすごいがんばってた。
ヌードも多いし、根性あります。今年は本当韓国映画、
韓国俳優に驚かされることが多い。

そしてARATA、大好きなんだよね。あの独特なせりふ回し。
しかもなんといっても、あの声
久々に聞いたけど、変わってない。
彼にはもっと俳優として活躍してほしいけど、今くらいの
スタンスでいい作品に出続けてほしいわ。

さてお話ですが、ARATAがあっさり、彼女を受け入れる
のもびっくりですが、板尾のキャラが彼女を受け入れない
のも興味深かった。人形の方がいい、めんどくさいって
これって今の人間関係そのものだわな。

小林先生はこれをハッピーエンドとよんでたけど
そうなのかな?板尾はあまり変わらなかったような。

あ、いや、もちろん好きな映画ですけどね。

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。