★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫シアター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬物語

Ci090208222402.jpg
シェイクスピアの「冬物語」ってどんなお話なんだろう、いつか舞台を
見てみたいってずっと思ってた。
それはなぜかというと、17年くらい前に見た、フランス映画「冬物語」の中で
主人公がこの舞台を見て、感銘を受けるシーンがあったから。
私はこの映画のものすごい会話量と独特な雰囲気にのまれ、その後
かなりエリック・ロメールの作品を追っかけまくった。
本当ずいぶん昔の話だ。

この映画の細かい内容は忘れてしまい、長い時間がたって
とうとうこの舞台を見る機会がやってきた。
シェイクスピアなんで、役名や設定が覚えられるか心配だったんで
久々に予習。そうしたら晩年の作品で、前半は悲劇、後半で大団円を
迎える設定とのこと。

で、当日、唐沢が出てきた瞬間、あまりの顔の小ささに衝撃を
受ける。しかしとってもきれいな人なのね、男だけど。
もちろん演技もうまい。田中裕子は年齢的にこの2役はどうよって
思ったけど、やっぱり演技力あるから、そんなの関係ないな
って思えてしまう。長谷川博巳さんは以前見たときも思ったけど
今回も王子様役がぴったり。

前半の悲劇部分を見ると、私の多少ばかりのシェイクスピアの
知識をもってみても、なんで彼の作品の主人公って、自分の
妄想にとりつかれて、周囲の声を聞かず、自爆する人ばっかり
なんだって思ってしまう。正直、前半は疲れます。
ただ後半は本当ガラッと雰囲気が変わる。
ま、シェイクスピアの悲劇と喜劇を両方見れるこのお話は
お得かも。
最後のちょっとした舞台のトリックはつかめなかった。

ていうわけで、信じるものは救われるってことなのね。
帰宅して映画の「冬物語」を解説してくれてるブログを
見つけて読んだら、この舞台を見て、主人公は
音信不通になっている恋人と奇跡の再会を信じて
待つことにするんだね。そして当時私が好きだった
エンディングにつながるわけだ。

何年ごしの目標だったこともあるけど、かなり数日、
この舞台が頭から離れなかった。あー、本当によかった。

七人は僕の恋人

お芝居見に行くの久しぶりだなーと思ってたけど、短編7本なんで
お芝居とはまた違う。しかもほとんどコントだし。

私は11月30日の昼の回を鑑賞。
週刊文春のエッセイでいまさらなって、初めて「ふぞろいの林檎たち」を見たと
読んでたので、最初の設定からなるほどなって感じで結構笑えた。
そしてこれってすべて映画が下敷きになってるのね。

昔懐かしい「友達のおうちはどこ」。まさかあれをあんな下ネタにしてしまう
とは。

以前見た大人計画の舞台は松尾さんの脚本だったんで、今回は楽しみに
しててもちろんおもしろかったけど、普通のお芝居が見てみたいな。

役者陣はやっぱ荒川良々はすごいなあと感心。幕間に出てくる彼の
思いついたような一発ギャグは他の日にもやってたみたいだから
びっくり。今思いついたように見えた。
そしてすごく楽しみにしてた星野源。意外にかっこよく見えてしまった。

しかし一番面白かったのは、劇中のビーチバレー。これは台本はなく
あくまでその場でマジでやってて、役者の素のリアクションに受けて
しまった。細かいギャグまで綿密に演出されてるのはいいんだけど
こういう突発の偶然のおもしろさにはかなわないところあるから。
でもそれをわかってて、きっとこのバレーボールを入れてるわけだから
くどかんはやっぱすごいと思う。

トーチソングトリロジー

このトニー賞を受賞した舞台の映画を見た時は、まだ10代で
映画のことなんて、全然詳しくない時だった。さすがにマシュー・
ブロデリックは知ってたけど。
今ではありえないまっさらな状態で映画を見て、この一人のゲイが
愛に喜び、傷つけられ、傷つけ、でも新たな光を見つける一歩を
踏み出すまでの過程に大感動して、やたら人に勧めてたっけ。
とはいえ、ものすごい細かいところまでは覚えてないのだけど。

なにせそれだけ前に一度映画館で見たきりだったけど、25年ぶりの
日本での再演ということで、どうしても行ってみたかった。
一度、篠井英介も見てみたかったし。彼を初めて知ったのは、
「総理と呼ばないで」で鈴木保奈美のお付きの人みたいな役で
このおかま口調の人は何者って思ったもの。だんだん露出が気になる
ようになり、「禁じられた遊びの」の望谷女南は最高でした。
でも彼の本業といえば、舞台。女形役者がゲイの演技なんて
一番の得意技だもんね。

MORE »

«  | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。