★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらん

sakuran.jpg

見てもいいやくらいの映画だったけど、大好きな小栗旬がカメオで
出てるので、行ってしまった
ま、それはさておいて・・・。

監督は映像がきれいだけな作品と思われたくなかったみたいだけど
残念ながら、演出が今ひとつ。だってここでこうするだろうなって
思うことばかりなんだもん。やっぱり、振り返った、金魚鉢ひっくり
返る、次に画面で起こることがいちいち想像ついちゃう。決め
セリフのたびに、煙管をポンとかね。なんだかあまりに陳腐な演出
でした

安藤政信は本当かっこいいけど、演技力は毎度疑問なんだよね。
冒頭の土屋アンナとのセリフのかけあいは見てるこっちも辛い。
ついでにいえば、ここは台本もひどかった。
ただ安藤君は友達と言ってたんだけど、一緒に演じる人に
引っ張られるんじゃないかって、相手次第で演技にややぶれが
あるみたい。
だんだん安藤君もアンナもよくなっていったと思う。
もしかしてこっちが慣れただけなような気がするけど。

あと小栗君を見に行ってながら、カメオが多すぎるのも閉口。
気がそがれるんだよね。こういうのって単に集客力のためのフジテレビ
映画みたいだし、監督にも自信がないのかと思ってしまう。

アンナ自身は魅力的だったし、原作のイメージに近いかもだけど
なんでトップになれるほど人気があるのかはこの脚本では伝わら
なかった。

後味よく作ってあったから見終わると、見てはよかったとは
思ってしまうんだけど。

確かに美術まわりや映像、衣装などの美しさは郡を抜いてた。
私が一番気に入ったのは、生花東信という人の作品だそう。
この人のことを知ったのが、この作品の最大の功績だったりして。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。