★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と暮せば

見る前は、このタイトルって「暮らせ」でなく「暮せ」なんだ
なんて思いながら、BS2で鑑賞。
やっぱこの時期は戦争映画っていうのと黒木監督
今年に急に亡くなったし、新作も公開されるしなあなんて
軽く思ってた

でもやっぱそんな軽い気持ちで見てはいけませんね
りえちゃんはいつから、あんな素敵な女優さんになったのでしょうか。

ほんの偶然で原爆から生き残ってしまった娘が人生を謳歌する
ことを拒んでいる。哀れに思い、原爆で死んだ父がこの世に戻って
くるって、ある意味ファンタジーでもあるのですが・・・。

ふたりの丁々発止のやりとりの中に、深い愛を感じてしまったな。
そして見たことないけど仁義なき戦いのイメージしかなかった
広島弁があんなにやさしいとは。
二人がジャンケンをするシーンから結構泣いてしまった

でも平和平和と声高に訴えているわけではないし
父親は戦争で命を奪われたけども、娘に対して、やり残した
ことがあったはず。戦争で傷ついた娘を助けてあげたい一心で
この世に戻ってきた父親の心に、ただただうたれました
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。