★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット

imagesCA2VI50J.jpg

ソフィア・コッポラの映画といえば、まず「おしゃれ」。
これにつきるでしょって感じ。
卓越した選曲センス、不思議な色彩感の映像。特に今回は
「ヴァージン・スーサイズ」と似ててとってもきれい。
私って昔、「Olieve」大好きだったよなぁと改めて思い出しちゃう。
そして話題の衣装やお菓子、見ていて全く飽きることはないし、
マリーの人生をどこまで描くのかってところにものすごく注目して
たんで、さらーっと見てしまった。
終わりもあそこでよかったと思う。あくまであのヴェルサイユ宮殿と
いう、絢爛豪華な牢獄につながれていたお話だから。

しかしソフィアの映画の主人公って、いつも同じ。
恵まれた環境に思うかもしれないけど、いつもプレッシャーを感じ
てるし、周りはバカばっかりで、誰も私の気持ちわかってくれないって
ことでしょうか?
永遠の悩めるティーンエイジャーなのでした。

この人、ずっとこんなんでいくのだろうか?
光るところがたくさんあるけど、うまくmixされていないというか・・・。

私は豪華絢爛な時より、子供と過ごすプチトリアノンのカントリー
ライフのとこ好きだわ。あのキルスティンが手を草に当てながら
歩いていくシーン、本当かわいい。キルスティンは久々にかわいく
撮ってもらってた。
まぁこんな牧歌的っぽい暮らしながら、ここでは浮気し放題なので、
笑えますが。

ジェイソン・シュワルツマンは今までの役どころから、口から先に
生まれたような理屈っぽいイメージがあったけども、口ベタなルイを
うまく演じてたと思う。彼も一緒に成長してたよ。
他のキャラたちはベルバラ愛読者の日本人にとっては、かなり物足り
ないけど、アメリカ人から見るフランス革命への思い入れとか知識
なんてこんなものなんだなと勉強にもなった。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。