★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーボーイズ ノークライ

Ci090824011708.jpg

数週間前に試写会で鑑賞。
今年の夏は封切っている映画で興味のあるものが
全くなくて、これを見てから、なんにも映画を見て
ないからかもしれない
のが原因なのはわかってるけど、いまだに強烈に
何かが私の中に残ってる。

見てる間は、やっぱり渡辺あやにこの手の脚本は
無理だったのではとずーっと考えてた。
ツジツマが合わないこともあるし、なんでこーなるのやら
この後どうなるのやら、映画を見てる間、考えまくってた。
「ジョゼと虎と仲間たち」が韓国ですごく人気があるんで
この企画がきっと立ち上がったんだと思うけど、韓国の
人たちも、きっと妻夫木君のこういう役は見たくない
のかなと思った。一生懸命なのは、わかるけど。
やっぱり彼の演技も、渡辺さんの脚本もひときわ、光って
たのは、貫地谷しほりとの喫茶店のシーンでしょう。

見終わった瞬間、いったいこの映画は何を言いたかったのと
同行者は言い出した。確かに全く違う環境に育った国籍の
違う男同士が知り合って、友情ともなんともわからぬものを
作り上げてってことなんだけど、妻夫木君がよく言ってる
生きてるだけでいいんだって風にはあまり思わなかったかも。

どっちも人並みではない全く違う環境にいる男が、一人は
それでもいいっかで、一人は抜け出したい。その二人が
結びついた時の心の変化が面白かったと思う。

そしてこの映画の最大のキーマンは、やっぱりハ・ジョンウ。
5月に「チェイサー」を見たときは、冷淡な殺人鬼で、印象に
はのこったけど、相手役の刑事の人の方がすごいと思って
しまってたけど、180度違う今回の彼はものすごい魅力的
だった。完全に名前を覚えた。彼の過去も仕事も最悪だし
目的もない彼が、この映画では希望に見えてくる。
彼の演技力が、この映画の駄目なところを完全に凌駕
している。

このフルコーラスはなんなんだと思ったカラオケシーン。
いまだに「アジアの純真」、二人の声が聞こえてくるよう。

この二人の相性は本当によかった。

悔しいけど、もう1回みたいな。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。