★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュストーリー

Ci090331233905.jpg

♪俺の孤独が魚だったら~♪

まだこの歌がちっとも頭を離れない。

2007年、私の最高傑作「アヒルと鴨のコインロッカー」の原作&監督
コンビが帰ってきた。
でも今回は原作を読まずに鑑賞。前作と違って監督が脚本書いてる
わけではないし、準備期間も短いから、やっぱりアヒル~には
かなわないなとは思う。ま、あれは私にとって特別だから仕方ないけど。

とはいえ、この大ホラ話、いいじゃない。人生なんて、何がどこに
つながってるかわからない。その結果をたとえ自分は知ることは
なくても。でもいつかずっと先のどこかで、誰かが、自分の何かに
影響を受けてるかも?今自分が行ったことは、過去に知らない
誰かが行ったことが原因なのかも。
人生っておもしろいもんなんだからって言われてるようで
なんだか気分がいいんじゃない。

私のこれまた大好きな「ビッグフィッシュ」に通じる大ホラ話だ。

キャストもこれまた豪華。主役の伊藤淳司は後半になるまで、
ほとんど出てこないけど、今回のロッカーは今までの彼の
やさしい少年イメージとは違ってよかった。
多部未華子は今回の「山田太郎物語」タイプより、「鹿男」の
時の演技の方が好みなんだけど、顔が好き。
森山未来は安定した演技で、とても今、のってる感じ。
そして、やっぱり濱田岳は、今回もはまり役。あの80年代初頭の
大学生の雰囲気は覚えてるんで、ここのパートが個人的には
盛り上がった。

そして斉藤和義、やっぱりすごい才能。感服しました。
この映画はこの曲のインパクトが弱かったら、できなかったと
思うんで、これだけ頭に残るんだから、この映画を勝たせた
わけだよな。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。