★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャージの二人

Ci080727004513.jpg
私はスローライフってものに憧れながらも、おそらく性格からもできないし、
ある程度の人間はおおむね働きバチで一生を終えると思ってるので、
あんまりスローライフを提唱されると結構引いてしまう。
なので、「かもめ食堂」や見てないけど「めがね」とかはちょいと苦手。
この映画もどうかなーって思ったけど、割引があったからさ。

始まりはまだ残暑の頃、東京よりも気温が10度くらい低いことに喜びを
感じ、亡くなったおばあちゃんがなぜ集めてたかわからない古着のジャージを
喜んで着る。スタートはやっぱり正直、大丈夫かなって感じ。
そもそも小学校ってジャージ着ないでしょ。だけど田舎なら着るのかなぁ。
でも小学生のじゃ着れないでしょ。特に鮎川誠、でかいし。
っていきなり一人心の中で突っ込み。まぁ教職員用のかななんて、
一人解決、想像。

そしてこの映画は無駄な説明台詞がないので、ずーっと想像しながら
見ていくことになった。
まったりとした生活に、くだらない会話の連続。私たちの日常って
本当にこんなもの。たいした意味のない会話出私たちの生活は
成り立っているようなものなので、不快に感じない。

そして田舎にいてゆっくりしていることに喜びを感じながらも
携帯の電波がつながるところに通ったり、人を呼んだり、完全に
断ち切れないところもよくわかる。
10代の娘のことを心配したり、かっこいい姿を見せたい鮎川誠は
よかったな。

嫌なこともあるけど、日常はそんなにすぱっとなんでも割り切れない。
嫌なことも楽しいこともぐるぐるまぜっかえし。それは堺雅人の奥さんへの
感情も同じ。大好きなんだけど、浮気していることを許せないでもいる。

最後もここで終わりって思いつつ、人ってものすごい傷ついたことが
あっても、その後に案外わかんない行動したりするんだよなって
感じ。

改めて人が好きになる映画かも。もしくは日常がかな。

堺雅人は今、ブームですね。佇まいのいい人だなぁっていつも思って
しまうのよね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。