★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチミツとクローバー

Ci080723110800.jpg

2年ぶりにレンタルビデオをしたんで、今さらながら鑑賞。
漫画は未読だけど、アニメは結構見てて、ドラマは斗真君と
成宮君見たさに手をつけたんで、どうしても比較したかった。
公開と同じ頃、漫画の連載が終わったみたいなんで、
映画は2時間でどこまでいくのかがどうしても知りたくて。

フィルムの映像で初めて実写化だなあという印象。
しかしドラマでも失敗してた漫画の突然ギャグテイスト
になるの、映画でもやってんのね。漫画だからこその
キャラを無理に再現しなくてもいいし。
ドラマでも感じた痛さにまたしても襲われてしまった。

ちょっとファンシーで夢のような世界だけど、それでも
原作が伝えてるメッセージに共感できるからこそ、
これだけの大ヒットになったわけだから、実写に
したいのはわかるけど、この雰囲気を表現するのは
やっぱ難しいなと感じた。

古い映画なんでネタバレで書くけど、最後はみんなが
好きだって気持ちを相手に伝えることができて終了。
ま、妥当な終わらせ方なのでは。

さてあとやっぱキャスト比較だわ。
ドラマの時は向井君の真山が一番良かったと思ったんで、
加瀬君はいいけど挙動不審のシーンが多すぎ。
あとは早い者勝ちで映画版かな?
伊勢谷はいつ見ても下手だけど、今回は彼自身みたいな
設定だしね。ドラマは村上淳が一番きつくて、彼は好き
だけど、この役は合わないでしょ。堺雅人のいつ見ても
笑ってるように見える顔はみんなを複雑な感情を持って
見守る設定に合ってんだよな。
やっぱ最後は、はぐちゃんが選ぶ男だからね。
はぐちゃんは自分の気持ちを言わないから、最も難役で
さすがの優ちゃんも苦戦してるように見えたけど、
見れちゃう。
ということでほとんと比較で終わってしまった。

ただこの映画で印象に残ったのは、好きな人と見た海は
あんなにきらきらしてたのに、ひとりでみればただの
海でしかなく、改めて自分の好きって気持ちを認識
することかな。
こういう当たり前のことをきっちり思い出させてくれる
のが、この作品の魅力なんだよね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。