★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイン・オースティンの読書会

Ci080604002933.jpg


久々に好きだなぁって映画。
読書会に参加するメンバーのキャラがそれぞれ立ってるんだけど、
実はジェイン・オースティンの原作のキャラにもかぶってるという
こういった二重構造のお話は好きなんだよね。

ジェイン・オースティンの小説は読んだことがなくて、映画しか
見たことないけど、「プライドと偏見」「いつか晴れた日に」「エマ」の
部分はなるほどねぇと思いながら鑑賞。影響されて、オースティン
読んでみようかなと考えたりして。

キャストもみんなそこそこ地味な人たちでよかった。
唯一の男、ヒュー・ダンシーはずっと好きな人だし。
女優も全員はずしなしだな。

しかしこの読書会をやっている人たちっていうのが
なんか優雅で雰囲気にあこがれてしまうのよね。
洋服の着こなしとかも自然で素敵。

映像(特に海辺のシーンとか)、音楽もよし。
ただエミリー・ブラントが年下の彼に走るか悩むシーンでかかる曲は
「マグノリア」のものすごいキモでかかる曲で、ちょっとあのイメージが
強すぎるから、他の曲がよかったかも。

エンディングロールもスタッフのお仕事紹介みたいになってて
楽しい。

とにかくこっぱずかしくなるほど、見事なエンディングだけど、
まさにオースティン的終わり方。ちょっといつまでもいい余韻が
続く映画だった。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。