★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・エージェント

ってさしっかし本当にワーストな邦題だよな
私は、一応「エージェント」って呼んでおります。

96年の映画なんだけど、この映画、10本の指にはカウントしても
いいってくらい好きなんだよね
DVDにはキャストによる音声解説があるって聞いてたけど、何年も
通常盤しか見つけられなくて、2週間くらい前にやっとHMVで発見
即ご購入

音声解説は聞いてた通り、みんなでよいしょトム様だった
でもトム様だから仕方ないんだけど・・・。

本当はもっとキャメロン・クロウの解説を詳しく聞きたかった。
あの頃ペニーレインとのDVDの解説はよかったから。

ま、今回はまだ映画は見直してないけど、この映画は本当よくできてる
ふつうなら挫折した主人公が結婚したあたりで映画はThe Endなのに、最後まで
失敗して傷ついて立ち直ってって忙しい
でもそれが人生ってもの。この映画を何度見ても泣けてきて、共感して
しまうのは、そこからなのよね。
キャメロン・クロウの脚本はすごいよ

そして1年くらい前に歴代の映画くさいセリフアンケートかなんかで
ランキングに入ってなかったっけ?
トム様のYou compete me. それに対してレネーのYou had me at hello.
レネーの方ね。これは別れてたんだけど、トム様がやっぱりと家に
戻って来た時にレネーさんが言うせりふです。要するに戻ってきたから
いいってこと。前に日テレで吹き替え版見たときは、「この部屋に
入ってきたときから私はあなたのものよ」と言ってた気がする。
キャー、はずかしい
でも音声解説によるとトム様のセリフは結構使った人がいたらしい。
私もそうは言いながらもトム様が家へ帰ろうと決意して、走り出す
シーンは何度見ても泣ける青い照明が素晴らしいです

この映画から早くも10年、トム様はこの映画以降は自分の出演作は
「マグノリア」を除いて全部セルフプロデュース。トム様になって
しまう前の最後の作品かな?こういう役、また見たいけど。
有名な話だけど、本当はこの映画、トム・ハンクスのために書いて
相手役はウィノナ。トム様になってまじでよかった。
監督もこの映画以降、トム様の後ろだてがついたもんね。
彼が撮影中、この映画は大作になるぞとびびったという話が印象的。

今から見ると色々考えさせられること多いけど、楽しめるのは、
主役以外のキャラもとても丁寧に描かれてるし、やっぱりお話が
リアル。でも幸福感が残る
それはやっぱあのラストシーンが好きだから

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。