★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬物語

winter.jpg

最近は月に1本しか映画を見てない。っていうかなんでこんなに
見たいのやってないんだろう。とりあえず見るべき映画を
探しまくってたら、早稲田松竹でエリック・ロメール特集
やってるのを発見。
今年の1月にこの映画にも出てくる、シェイクスピアの「冬物語」の舞台
http://dencom.blog53.fc2.com/blog-date-200902.html
を見てから、この映画を見たくてどうしようもなかった。
で、そのとき調べたら、権利の関係でもう劇場公開されないみたい
なことを見つけたんでがっかりきてたのよね。
2日後が最終日だったんで午後休んで行って参りました。


なつかしー!!意外に覚えてる。コレ今は亡き六本木シネヴィヴァンで
見たんだっけとか思いながら、映画の世界へ。
そうそう、主人公のフェリシーがこれまた共感できない女なんだ。
あんなかわいい子供を置いて、2人の男の家にお泊り。ま、お母さんも
肝要なので、さすが、恋愛の国と思いましたが・・・・。

フェリシーはおバカさんなだけど、芯は強いんだよね。いいように人を
ふりまわしてるのに、あまりそれは気にしてない。
だけど彼女はまったく自分を飾らないところが、うらやましくもある。

しかし本当よくしゃべる映画だよな。タランティーノが影響を受けたと
言ってるけど、後に私が彼の映画にほれこんだのは、やっぱり
ロメールが好きだからだよなと思った。だって映画の進行に関係
ないことばっかりなんだもん。
今回はすごい興味深かった、舞台の感想とかね。

あの幸せなハッピーエンドをまた見たかったから、最後はじーんと
きた。ラストシーンの微妙なあっけなさは今回も印象的。
エリーズちゃん、本当かわいい。IMDBを調べたら、これだけで
役者はやってないのね。

DVD、バラ売りしてくれないかな。

私が一番最初にこった監督がエリック・ロメール。約20年ぶりに
見たけど、まさに原点回帰な時間でした。
今度は彼にはまった「友だちの恋人」が久々に見たいなぁ。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。