★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年08月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも恋するバルセロナ

Ci090819141323.jpg
国内外で評判がよい!とのことだし、ペネちゃんはオスカー獲得。
そしてあの「ハモンハモン」から10数年ぶりの共演のペネちゃんと
ハビエル・バルデム。ハビエルのことを私がハム男といまだに呼び
続けている映画だもんね。
楽しみにしますよ、やっぱり。

しかなしながら、恒例の期待するとやっぱりダメってジンクスが適用。
こんなことって、人生誰でもあるんじゃないの?
普遍的なことだから、誰でもわかるのかもしれないという
見方もある。映画的なスパイスとして、そうはいないペネちゃんみたいな
人がからんでくるわけだけど。

旅先でちょっと素敵な人に出会って、もしあの時こうしてたら
人生変わってたかも。だけど、思ったとおり、自分の人生を生きました
って言われてもな。

昔の彼の恋愛映画ってもっともっと考えさせられた。
でも単に私が年をとりすぎたのかも。
まだこの映画を作れる彼の感性の若さをほめるべきなのかな?
アレン映画では酷評の方が多いかもしれないけど
「誘惑のアフロディーテ」のラストとか好きだったな。
過去の恋愛にばったり向き合ってしまった時、笑顔で対応できても
秘密もいっぱいあって、色々と考えさせれたものだ。

とりあえず、バルセロナは行ってみたくなった。
ミロの美術館に憧れるっ!!

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。