★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年07月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシュライフ

Ci090704003045.jpg
原作を2/3ほどしか読み終わらない状態で、鑑賞。
私も伊坂作品大好きだけど、この映画見に来てる人ってほとんどが、
この原作を読んでるんだと思う。
みんなどう思ったのかしら?
彼の作品って、章ごとに、話の中心人物が変わるし、時系列も
合わない。
特に「ラッシュライフ」は5人いるし、読んでる途中から、時間の
流れを書き留めたくなったほど。

てなわけで、各主人公ごとに監督を変え、一人ずつの
エピソードをすべて見せてから次に入るという原作とは
違うパターンで、このアイデアはよしと思う。

でもそのおかげでこのエピソードがこうつながってたんだ
ってところが非常に弱く感じた。し、感動もなし。

なんで画家の彼女の役は韓国人に設定を変えたのだろうか、
堺雅人はちょっとかっこよくやりすぎた感じもしたな。
寺島しのぶは十八番の気の強い女性の役柄で配役的には
一番ぴったり。たぶん撮影時期がかぶったのか、去年のドラマの
「四つの嘘」とキャラが同じすぎなのは気になったけど。
でもこのエピソード、小説より寺島しのぶ扮する京子は何も
わからないまま終わっちゃうんだよね。ちょっとかわいそうな
気も・・・・。

もうちょっと最後にぐぐーっと来たかったかな。
小説の中にある、みんなが好きな言葉を書くシーンとか
好きだったのに、やっぱりお話が独立しちゃったんで、単なる
オムニバス映画になってしまった感じがした。
うーん、アイデア生かしきれず。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。