★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年06月02日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェイサー

Image1.jpg

またもや韓国映画の重くて男くさくて、ずっしり見終わった後に
嫌な気分にさせられる映画に出会ってしまった。
見ごたえありすぎ!!

「殺人の追憶」同様、実際にあった事件を題材にしているわけだけど
わずか数年前のできごとで、あらゆる人に与えるダメージが大きい。
本当はこういった真実こそ奇なりということでそこからインスプレーションを
得た作品は好きではないんだけど、外国で起こった話だと申し訳
ないけど、見れてしまう。

主人公は正義感でもなんでもなく、あくまで自分の商売の
ために犯人を追う。でもその嗅覚は刑事時代に培ったもの。
社会からドロップした負け犬の主人公の必死さや、部下との
やりとりなど、時折出る笑いで、映画の途中でやっと一息つける。

でもって終わり方。些細な一言やちょっとした偶然が
大きく人生を変えてしまう。それが悪意のある他人によって。
そのせちがらさがすごく辛くて、でも現実味があって、
ずんずん自分の中に入ってくる感じ。

世間的には犯人役の彼が高評価を得てますが、私は主人公の
彼の演技に引っ張られた。

そして本当韓国の人、熱いわ!刑事部屋の顛末とか、日本じゃ
考えられない。この民族性がこの映画の面白さに拍車をかけてる
と思う。

レオ様がリメイク権を買ったようだけど、ものすごい興味ある。
この汗くささ、泥くささ、彼ら特有の「ハン」という感情がつまった
この映画、どうアメリカ的にするのか、とっても興味があるわ。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。