★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年02月22日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロクシー・ブルース

Ci090222215745.jpg

このお芝居、今日が千秋楽だったのね。私は、2月15日に鑑賞。
佐藤隆太や忍成修吾が見たいっていうミーハー心も大いなる動機
だったけど、20年前にマシュー・ブロデリック主演で映画化したとき、
見に行ったのよね。いやー、私も年取るわけだ。
あの映画が好きだったんで、あれからずいぶんたったけど、
感動するか確かめたくて・・・・。

しかし前日から高熱が!すごい悩んだけど、どうしても昔の
自分との感受性の違いを確かめてたくて、行ってみた。
変な番号だったから、席には期待しておらず、辛かったら寝ちゃえ
くらいのつもりで。そうしたら、なんと最前列じゃんっ!
何回、PARCO劇場行ってんだよ、いつもA列からじゃないんだって
思うのに。でも左はじから2番目だしと思って、中に入ったらびっくり。
目の前に机と椅子のセットが!お芝居が始まったと思ったら
真っ暗みの中、そこに隆太君が座ってるよ。もう手を伸ばせば
届きそう。彼の吸うたばこが直撃!もちろんマスクはしてたけど。
目の前で繰り広げられる彼のモノローグと共に、物語へ。

いやいや、こんな話だった。なつかしーい!飽きることなく、
あっという間だったよ。忍成君も羽場さんと目の前で怒涛のやりとりを
見せてくれたし。最後はまた隆太くんが席に戻ってきて、また
タバコをくゆらす。彼の過去への思いが、ふっともらした、ため息と
そのささやかな微笑で、こちらにじーんと伝わってくるけど、
ここは会場のほとんどの人が、彼の背中しか見えてないので
なんて、ぜいたく、本当に来てよかったと感動。
そしてこんないい席を頑張ってる彼らのために穴をあけないで
よかった。

若さってよいなぁとしみじみ感じてしまった。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。