★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-20 怪人二十面相伝

Ci090131215838.jpg
かねしろーっ
と思い続けてて、やっと見れた。

この映画は大ヒットしてて、おもしろいって話だけど、映画評論家とか
ちょっと映画に詳しい頭いい人には評判がよくないから、どうかなって
思ってたけど。金城だからっていうのもあるけど、こんな荒唐無稽な話、
細かいこと言わないで許してくださいって。

第二次世界大戦がなかったって言い回しがだめなんだけど、まぁ戦争が
なかったって設定なんで、目くじら立てようもないし。
でも戦争がなかった割には、なんであんなに孤児が多いのかなとは思った。

松たか子とのお話は、たくさんの人が指摘しているとおり、ルパンの
「カリオストロ城」でした。白いドレス姿がきれい。ただ私は彼女は
こういったおてんば娘やお嬢様より、実際の彼女とは全く違う地味で
貧乏な女の子を演じるほうがうまいと思う。
あのハスキーな声が理由かな?

金城の演技は相変わらずだけど、いいの。あんなへんな髪型でもね。
こういった昔なつかしの活劇は見ていてこっちも恥ずかしくなるし、
現代の私たちには受け入れにくいところもあるんだけど、ま、軽く見ましょう。
お決まりの設定やくだらないギャグ、寒いけどね。

金城が使う機械、よく漫画で出てくる、ぴゅっとひっかけて飛ぶやつ。
ってわかるかな?あれが実写版で見れたのはよかった。
そんなわけで全体的に楽しかったので、満足です。
スポンサーサイト

レボリューショナリー・ロード

Ci090129013408.jpg

夫は終身雇用で安定した会社へ行き、妻はつつましく美しい家を守り、まさに私たちが
思う昔の古き良きアメリカで、その夫婦をタイタニックコンビが演じていたら、本当
素敵よねーって思う夫婦の話だと思う。ところが人間はどんな環境にいても
自分に不安で不満で、ここではないどこかでこそ自分は花咲くんだと思って
しまう、全く私たちと変わらない人たちの話だった。私たちは不安に思いながらも
ちょっとした楽しみを見つけて、不安な気持ちに引っ張られすぎないように
バランスを保って生きているけれど、この人たちは完全にバランスを失って
しまっている。革命的な道に住む、ちょっと革新的で美しい夫婦は結局は
どこの家庭にでもある問題を抱えている夫婦にすぎなかった。彼らがバカにしてた
人をあげつらうことで、自分の幸せを確認する女性もこうるさい妻を持つ夫も
実は彼らより器用に生きていたのだ。深いなー。音楽や衣装もよかったんで、
星5つつけておきます。

悪夢探偵2

Ci090126000958.jpg
数週間前だけど、今年の1本目はこれ。
2年前の第1作は、hitomiの演技が強烈すぎて、それしかもうすでに
覚えてないくらいなんだけど、前回のキャストが松田龍平以外、いないので
またちょっと違う雰囲気になってた。
今回は彼の子供のころの話が出てくるんで、もう少し人となりみたいなのも
わかるんだけど、今回悪夢探偵として協力するのは、いじめをしてしまった
女子高生。高校を舞台にしたホラーものが並行して出てくるので
なんだかティーンエイジャー向けホラームービー見てるみたいで
ちょっとなぁって感じ。怖かったし。

でも龍平の母恋し演技はとてもよかったわ。すてきだし。
さすがにさらに続編ができたら、ちょっと考えるけど。

この映画には、見たくないものが見えちゃう人がでてきて、ずっと怖いよおって
言ってるんだけど、翌日会った親戚の2才の女の子が、怖いよぉって
ひたすら言ってて、なんかやっぱそのへんに結構見えちゃいけないものって
いるのかなって思ったんだよね。

2008年映画総決算

どんなに仕事が忙しいとはいえ、年間50本は映画館で見るつもりだったのに
結局48本しか見れてなかった・・・・。しかも年が明けてから気がついた。
悲しかった。50本を切ったなんて、17~18年ぶりくらいだよな。

とはいえ、去年見た中で、せめてベスト5をあげてみると。。。

1,君のためなら千回でも

久しぶりに号泣し続けた映画。アフガニスタンの人たちにかつての明るい
生活が戻ることを祈り、そして人はやり直すことができるし、許されるんだって
ことを改めて考えさせられた。

2.未来を写した子供たち

これは日本で上映された事実がうれしくて。

3.レッドクリフPartⅠ

映画としては、問題ありだけど、ロードオブザリングで指輪物語を
読んだように、三国志ブームを起こしてくれたので。

4.アイアンマン

苦手意識の強かったアメコミ映画だけど、やっぱおもしろいって
思わせてくれたから。もちろんロバート・ダウニー・Jrの主演が
大きいんだけど。

5.アメリカンギャングスター

時間を忘れさせるほど、作品にひっぱられた。
映像と音楽もかっこよかったので。

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。