★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年09月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグーだって猫である

Ci080921014857.jpg

大島弓子の漫画は私にはファンタジックなので、1冊もまともに読んだことがなく
そしてこのエッセイの存在も知らなかった。

小泉今日子が大島弓子に扮するわけだけど、とても成功して認められてるのに
えらい控えめ。とても好感が持てる。好きな漫画を描いてきたけど、
気がつけばあっという間に30年。我に返ると、ちょっと考えてしまう。
その感じ、わかるわ。そんな立派な人間じゃないので、えらそうなことはいえないけど。
好きな人がいたのに、正直になれないところとかね。40過ぎてもかわいらしい。

猫をかわいく登場させるところは長すぎるなって思うし、チアのシーンも
こっぱずかしい。そしてありえないファンタジーの世界も。
だけど、地に着いた生活をきちんと見せてくれて、ちょっとした異性との
ときめきもあったり、いい仕事ができたり、そんな中である日突然やってくる
愛猫の死や、新しい猫との出会い、そして思いもしなかった病気。
ずーっと丁寧に描いてきてくれたから、気にならなくなってくる。

脚本もよかったけど、キャストがみなすばらしい。
きょんきょんもだけど、樹里ちゃんは相変わらずで、泣かされるし、
加瀬亮はいつもと別人。いいんでない。
そして寿々花ちゃんはもううますぎ。樹里ちゃんの彼氏役、平高地一丁目の弟で
これで芸能界引退するって、なんかで見たけど、惜しいなあ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。