★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年08月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタースクール

Ci080815234137.jpg
やっとこの話題作を見れました。
そもそもは大泉洋が苦手なんで見る気はなかったのよね。
彼の声がダメなんだ。
でも私の敬愛する小林信彦がほめてたら行かないとね。
それにこの監督の前作「運命じゃない人」がそんなに好きではなかったのに
今回も探偵ややくざが出てきて、トリッキーな話とくれば同じじゃんと
おもちゃってたから。

一言で言ってしまえばおもしろかった。
ただ映画としては、もう一度あそこを確認したいとか
後から振り返りたいって思わせるものは、本当は好きじゃない。
やっぱ映画って一度で楽しくすっきりしたいじゃない。

今回の映画を作るうえで、テレビで見たメイキングによると
どんなに親しい仲でも実はまだまだその人には知らない面が
あるんじゃないかってきっかけな事件が監督にはあったんだけど
確かにそれはうんうんって感じ。

そしてみんな子供の時は学校に行って、同じような時間を過ごしてたのに
学校を離れてから、いろんなことがあって全然知らない面が出てきたり
それぞれ変わっていく。
ということで、このタイトルは本当秀逸。
なにせ学校が舞台だし。大泉の学校なんて関係ない、結局は
自分なんだって台詞はよかった。

しかしこの3人、豪華キャストなのに、3人そろわない。
この贅沢な使い方、この監督、やっぱ度胸あるわ。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。