★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年03月23日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

annie03.jpg


ジョン・レノンの生前最後の写真を始め、彼女の写真を見たことないという人は
少ないと思うけど、私が初めて、これらの写真と彼女の名前、つまり存在が
イコールになったのは、10数年前に今はない新宿三越美術館で行われた
彼女の展示だった。

元々、私はその一瞬を切り取ったモノクロの写真に強く惹かれる。
被写体の持つパワー、それを伝えたかった写真家の意思、1枚の写真から
考えさせられることが多い。加えてセレブのポートレートにも強く惹かれる。
彼らは強い光を持った人たちだから、1枚の写真から様々なものが読み取れるし
知らない一面が見えることもある。ハーブ・リッツやブルース・ウエーバーなんかも
いいけど、彼女の写真はさらに芸術性と独自の個性を強く感じて
美術館の中でものすごいパワーを感じて、立ち去ることができなかったことを
強く覚えてる。
それから彼女の写真はさらに芸術性を高め、見るたびに刺激と感動を
与えてくれるけれど、展示は私が知る限りでは行われなくて、なぜなんだろうと
よく思っていた。そうしたら、こんな映画となって、彼女のことを知ることが
できたのだった。

彼女が写真を学んていく過程でロバート・フランクやアンリ・カルティエ=ブレッソンに
影響を受けたというのは、結構驚いた。今の写真とは正反対の感じもするからだ。
でも被写体の最も今いい瞬間を捉えているところは、同じ。大きくうなづきもした。

ローリングストーンの創刊当時の話から、彼女がロックミュージシャンから
セレブリティに被写体を変えていくまでの話が興味深かった。
やっぱりドラッグ中毒というのは、この当時は当たり前だったんだなとか。

私はスーザン・ソンタクのことは全然知らなかったので、このすばらしい
才能のぶつかりあいがよくわかってないのだけど、彼女が人を愛したり
子供を産んだり、自分の人生も大事にしていることは良く伝わってきた。

彼女が今、VOGUEでやってるおとぎ話をモチーフとした写真は楽しみに
してるので、そこの撮影風景が出てきたのは、おもしろかった。
写真を撮影している現場の彼女が一番きれい。
被写体もよいけど、頑張ってる人の姿を見るのは気持ちいいもの。

しかしまた展示、やってくれないだろうか。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。