★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年02月15日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜水服は蝶の夢を見る

Ci080215142909.jpg


私は閉所恐怖症でもあるので、この映画の主人公の
設定を聞いた時に、思わず身震いがしてしまった。
仕事もうまくいっていて、女性にもモテて、人生を
思うがままに謳歌していた40代の男がある日突然
発作によって体の中で自由になるのは左目だけに
なってしまった。
脳は正常で意識もはっきりしているのに、自分の
思いを表現する術が何一つなくなってしまう。
「バベル」で描かれたコミュニケーションの欠如など
彼の境遇に比べれば、何の恐ろしさもないように感じてしまう。

どんなに親や恋人や子供に感謝の気持ちを述べて、
抱きしめたくても、もう何一つ表現することはできない。
もどかしくてもどうにもできない。
それは当然死にたくもなるし、投げやりにもなる。
でも彼は改めて自分の大事な人に気持ちを伝え、
そして自分の思いを残すことを言語療法士が考えた
とてつもない方法でやりとげる。

いや、このアルファベットを読み上げて、まばたきで
指定し、文章にしていく作業。
本当になんて根気のいる作業なんでしょう!

しかし生きていて欲しい、思いを伝えたい、この
両者の不屈の精神で、できた本だよなぁ。

そして主人公の片目だけの世界、よくも映像化したもの。
最初はずっと彼からの目線の映像が続くので、
本当に怖かった。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。