★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年01月23日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンブラントの夜警

Ci080123230212.jpg

レンブラントの絵は基本的に全く興味がないんだけど、
去年、この絵の実物を見てきたので、だったらこの絵の
裏側を描くこの映画を見てもいいのかなと思った。
そもそもこの絵は世界3大名画のひとつと言われてるけど
当時は全く評価されないものだったのは有名。
今まであった肖像画の常識を全く逸脱したものだったから
なわけだけど・・・。

でも私が前から不思議に思ってるのは、いつからこの絵が
今のような高評価になったかってことなんだよね。
この映画でも描かれてないし、あんまり紹介されてないんだよね。
絵をみりゃわかるってことなんだろうけど。

で、この映画はなぜレンブラントがこの絵を描くことになって
どうしてこんな女の子がいるのかとか、どうしてもこの男は
こんなものを持ってるのか、なんていうのがわかるんだけど。
本当かな??ってひたすら思ってた。

そもそもあまりに固有名詞が多くて、結構見てるだけで
疲れてしまった。

そしてきわめて演劇を見てるような印象。
思いっきり平坦な場所で理屈をたくさん聞いてるような
感じ。
監督、グリーナウェイだもんな。ひさびさだったけど
難解さは変わらない。

やっぱこれは高尚な趣味をもってる人が楽しむ
映画だわな。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。