★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2008年01月14日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会の街で

Ci080114221539.jpg

今年1本目がこれですね。
いやはやなかなかシリアスでした。

私はNYが大好きなんで、あんなのに乗って、NYの街を走ってみたいなあって
冒頭は、のんきに思ってたけど、そんなダラダラ感で見続けていくのを
許さない映画でございます。

アダム・サンドラーもドン・チードルはやっぱうまいよね。
特にドン・チードルの役は国も性別も飛び越えて、誰しもが共感できるところ。
職を手に入れて、地位、お金、妻、子供、努力をして手に入れたものに
満足してるのにこのまま年をとっていくのに、どこか不安がある。
昔にちょっと戻ってハメをはずそうものなら、妻に怒られ、遊んでる途中で
父親は亡くなり、やっぱりいつまでも同じようにはできないってことに
気づかされる。

今ある自分の現状を好きになって、認めて、それで明日に行かなきゃ
いけないんだなってことなわけ。

あとこの映画は音楽が効果的に使われているんで、歌詞がわかると
全然ちがうんだろうなと思った。

リブ・タイラーは久々。ふけちゃったなぁ。
この映画では美人扱いされてたけど、サフロン・バロウズが案外
まだきれいなままなんで、こっちも驚き。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。