★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2007年11月14日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィーナス

しっかし男って本当にいつまでたってもなぁっていうのが
大きな感想。
谷崎潤一郎の世界だけどさ・・・・。たいしてきれいでもないのに
若くて奔放なオンナに振り回される老人もイヤだし、
オンナをエサにして必要なときだけ老人を使う彼女もイヤ。

なんとかギリギリ私を踏みとどまらせてくれたのは
ピーター・オトゥールの上品さと彼の年老いた仲間たちとの友情が
よかったから。あのじいさんたちとの会話はよかったなぁ。
ラストもしみじみ。
大きなストーリーはうーんだったけれど、細かいところは結構
好きなところがあるんだよね。

しかし外国人のじいさんは、ニット帽が似合うからいいよ。
日本人がやると相当変な人だから。

そして音楽。コリーヌ・ベイリー・レイが音楽を担当してたのね。
個人的には去年のベストシングル「Put youre records on」が
予告編でかかるのを見て、予告だけと思ってたけど、本編でも
あのまんま。ロンドンの町も思いいれがあるとこなんで、
私もこの曲を大音響でかけて、車で走ってみたいわ。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。