★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2007年06月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛睡眠のすすめ

Ci070610002324.jpg


ガエル大好きな私でございますが、このキャラは本当に
新境地でよくがんばった。
ミシェル・ゴンドリー監督は「ヒューマン・ネイチャー」の時に
東京国際映画祭でティーチ・インに参加したこともあって、
結構思い入れのある人。
前作の「エターナルサンシャイン」はかなり好きだったし。
今回は彼の初めての脚本だったけど、ちょっとドリーミンすぎた
感じもしないでもないかな。

ガエルもしょせん何もできないのに、わがままばっかり言ってる
ようにも感じるし、シャルロットの役もガエルとのことどうして
いきたいのか、彼女の恋愛感みたいなものがまるで伝わらなかった。
とはいえ、あまりのガエルの恋愛おばかさんぶりに私も映画館も
爆笑
忍び込んでたシーンは傑作でした。

あと上司、最高品は悪いし、女好きでシモネタしか
話せないし、人前でおなら、最悪だけど、いざとなれば仕事は
代わってくれるわかばってくれるわ、意外に頼りがいも。
なので、彼がいて個人的にはお気に入りのシーンの写真を
選んでみた。彼とのシーンを心待ちにしてた自分が怖い。
時候警察の熊本さんを思い出したよ

映像や音楽のよさがこの監督のウリだけど、今回は意外に笑えるという
まったく予想外の結果にびっくり。
だけどあともうひとがんばりほしかったよ。
スポンサーサイト

ライフ・イズ・ベースボール

いつのまに6月だはい?
ぼーっとしながらも、わずかに映画は見てたので、駆け足で
書いてみるか。

Ci070610000355.jpg

で、見たのがこれ。
マイケル・ホフマンの映画が日本で公開されるの久々だなーと
思ったし、彼の映画の常連のマイケル・キートンや
なんてたってロバート・ダウニーJr.も出てるんだけど。
これがなんだかつまらなかった
まさかこのオチではと思ったら、そのまんま。

レッドソックスの勝てないって話はあまりに有名だけど
数年前に優勝しちゃったし、なんだかあまりに過去の話に
感じてしまい、なぜこれを映画化したんだか??
でも80年代のNYって行ったことはないけど、なんだろう
あの時代のアメリカの閉塞感みたいなのは伝わってきた。
だってこのNYはまだこわそうなんだもん

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。