★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2007年02月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームガールズ

th-04636R.jpg

公開初日、最初の時間(朝9時の回!)に見た甲斐あった
見終わった瞬間、長いとは思うけど、全然飽きない。
眠さも全く感じない、画面に引きずられっぱなしの2時間あまり

話は本当によくあるもの。変わらぬ友情を誓い合っていた少女たちが
ショウビズの世界でつかんだ栄光と挫折。信じていたものから
裏切られ、失意のどん底。そしてそれぞれが自分の道を見つけて
再生していくって、まぁ王道ですが、これくらいわかりやすい
話の方がのめりこみやすしミュージカルの歌詞にもはまりこんじゃう。

曲もCD欲しいって思うけど、音だけで聞くには疲れるかなと思うほど
みんな魂こめて歌いあげ 何度か鳥肌たちました。
やっぱり映像も込みでまたいいスクリーンで見たいものです。
そしてこんなわかりやすい話っていいながら、最後泣いたしね。

ビヨンセはダイエット効果ですごいきれいだったけど、冒頭のさえない
シーンの時はあまりにやせてて、一瞬わからなかった。
でもダイアナ・ロスそのものでした。話題のジェニファー・ハドソンは
本当おいしい役。彼女は熱演でしたね。根性感じました。

モータウンサウンドが生まれていく過程や70年代のディスコ
ミュージックへの変遷と音楽的な楽しみも満載。エディ・マーフィ
(映画館で見たのは初!)はジェームズ・ブラウンがモデルと言われ
てるけど、一瞬、マーヴィン・ゲイの瞬間が!反戦ソングにニット帽で
のレコーディング、ちょっと笑えます。
ジェニファーもアレサ・フランクリンみたいになっちゃうし。
あとジャクソン5のそっくりさんもかわいかったなぁ。

しかしアメリカの女の人ってよくどつき合いとかするし、本当気が
強いよね。ドラマや映画見るとよく思うよ。
ま、これくらい気が強くて自己顕示欲がないと、アメリカのショウ
ビズ界ではのしあがれないわな。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。