★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

≫2006年10月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーショートケイクス

2本目はこれまた評判のいい、この映画
原作は漫画で魚喃キリコなんだよね、読んだことないけど。

デリヘルで受付のバイトをやってる池脇千鶴と男と付き合うことでしか
自分の存在を認識できない地味OLの中越典子、残りはデリヘル嬢と
拒食症のイラストレーターの4人が主人公。残りの2人の女優さんは
残念ながら私は知らない人
でもこの2人の演技の方がよかった気も。

4人は全員知り合いの設定ではないのだけど、なんで女4人が主人公の
物語って多いのかな?今も結構思いつくけど、ちょうど分類しやすいのか?
ま、どこにでもいる女の子たちの話ってことだからね。

しっかし冒頭でまわりに良く見られたい中越典子OLは、コピー取りを
笑顔で受けながら、たったA4 1枚ぺらの紙を20枚コピーする間に
鏡を取り出してグロスを塗りなおす。コピー機がフロア全体を
見渡せるところにあるのに、ありえないって
会社勤めした人、スタッフにいないの、この映画、大丈夫って怒りを
感じながらの鑑賞スタートとなったわけ。

色々わかるよなと思うところもありつつ、やっぱり圧倒的に
印象的だったのが、デリヘル嬢の話。彼女は安藤政信扮する同級生が
ずっと好きで一途に思うことだけで生活している。お互いの気持ちは
わかってるけど、彼には彼女がいるから、ずっと微妙な友情関係。
何でも言い合えるはずなんだけど、うすい氷1枚で、なんとか成り立って
るところもあって、最後までえらいせつなかった
後で原作者のインタビューを雑誌で読んだら、この2人のエピソードは
最初に思いついたみただから、やっぱり他の話と違って厚みがある。

なんとなく最後も落ち着くようなところに落ち着いたところで、
妊娠してるのにタバコかよと最後の最後で、思わずまた突っ込み。

でもデリヘル嬢役の中村優子と安藤政信がとてもよかったし、
池脇千鶴も好きだし、考えさせられるところもちょこちょこあったんで
見終わった今のほうが見てる時より印象が強い、不思議な映画

3本目はまた後日
スポンサーサイト

フラガール

今年はまだやってなかった、1日に映画3本鑑賞
最近は体力きついっからなぁ

で、1本目が大評判のフラガール
目的はやっぱり蒼井優ラストの彼女が、
あの「花とアリス」のラストのバレエシーンを越えたと言われてる
からさ。ま、今回のもいいけど、やっぱりラストは花とアリスには
勝てません。あれは岩井マジックの映像美があったからね。
でもそれでも彼女はこの映画で圧倒的な輝き
「情熱大陸」で密着してたけど、方言も上手だった。
本当にかわいくて上手で素敵でした

しかしこれだけまっすぐストライクで勝負してくる作品って偉いよね。
ハワイアンセンターがちゃんと営業できてるって事実は誰でも知ってる
こと。こういった歴然とした事実がある映画は、脚本と演出がしっかり
してないと、見る気をなくしちゃうからね。
でも丁寧にきちんと素直に話を進めていくから、なんの抵抗もなく
感動して、涙ぼろぼろだった
李相日監督って見るたびに作品ジャンルが全然違うんだけど、
この人、やっぱり才能あると思う

炭鉱で働くことが当たり前で、他で働くことや、やってみたいことを
考えたりしたことがなかった人たちが夢や希望を持つ姿にも感動
日本が変わっていった頃なんだよね。

先生だし、全体的に後ろに回ってしまった、松雪泰子。
彼女は見た目大好きなんだけど、60年代ファッションが超お似合い
原色の使い方、勉強させていただきました

私、ハワイアンズ行ったことあるんだけど、フラのお姉さん見たっけ
っと一生懸命考えてるんだけど、思い出せないんだよね

 | HOME | 

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。