★.。.:*これでいいのかっ!三十路半ばでサブカル道★.。.:*

気がつけば、あっという間に こんな年! そんないつまでも成長しない 私が送る映画を中心とした 戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈まぬ太陽

Ci091231203029.jpg
周りからあまりにススメられることが多かったので、今年最後に慌てて
見てまいりました。

最初に私の大好きな象を撃つシーンから始まるので、この人に
思い入れをもつことができるかどうか、悩み名がスタート。

だけどその後すぐに御巣鷹山のシーンへうつるため、
そんな気持ちは吹っ飛ぶ。やはりこの事故は一生忘れることの
できないニュースなので。

そこから主人公の企業に翻弄される人生だ。
同じサラリーマンとして企業人であることをつくづく
考えさせられる。自分の正義を信じて進んでも報われない
でも正直に生きようとすればするほど、会社での立場は
悪くなり、家族を一番の犠牲にしてしまう。

主人公のモデルとなった人の実際との乖離、
JALの中の問題、史実と違うこともあるだろう。
私が多少知っていることとも違うかなと思うことも
あった。
もちろん企業間の問題もおもしろくもあり、考え
させられるけど、今回はそこに主軸をおかずにみた。

どういう目的で働いていくのか、そこから得られる
結果は?結局正解はあるのか?
そんなことを自分に置き換えていた3時間でした。
スポンサーサイト

ゼロの焦点

Ci091231202945.jpg
友達のたっての希望で見たけど、やっぱりこれは限りない珍作へ。
広末は清純なお嬢様役だけど、あのしゃべりというか演技は
直してあげたほうがよかったのでは。

実質の主人公は中谷美紀になるけど、彼女は本当きれいで
うまいけど、やや貫禄というか重みに欠ける気もする。

このテーマってどうしても「人間の証明」を思い出して
しまうけど、比較にならないような・・・。
清張先生に申し訳ないか。

ま、とりあえず、広末さんのラスト、本当に彼女には
非がないんだけど、でもお前には言われたくないって
思ってしまった。
あ、でもこれって悲劇だから、そう思わせるっていうのは
映画に負けたのか。

ジュリー&ジュリア

Ci091231202916.jpg
この映画、予告編のときに何度か泣けちゃったんだよね。
苦労はするけれど、もっと達成感のある映画かなとは思って
たんで・・・。

冒頭はよかった。ふたりともさえない日常から脱却して
悪戦苦闘しながら、新しい扉を開く。
ノーラ・エフロンの久々のNY映画(半分だけど)、いいじゃないと
思ってたが、主人公たちが新たなステージに立ったあとから
急につまらなくなった。

思ったより、主人公たちが成長しないんだよね。
文句を言ったり、落ち込んでばかりで疲れた。

そしてこのブログって書籍化してもよかったのか?
などとエンディングロールを見ながら終了。

メリル・ストリープの衣装がとても素敵でした。
スタンリ・トゥッチとは「プラダを着た悪魔」の共演シーンが
まだ目新しすぎて、ちょっと残念。
エイミー・アダムスは少し太って、この役には合っていた。

イングロリアス・バスターズ

Ci091231202838.jpg
年末に向けて、久々の1日3本。

やっと見れたこの映画。タランティーノ映画は、まず彼ありきで、
どうしてもまず彼の映画ということを意識してしまう。
90年代まではどの作品も本当に好きだったからな。サントラも
どれも聞きまくり。もっと映画に力を入れてたあの頃の
私にはかかせない存在だったのよね。

でも「キルビル」あたりから気持ちが遠のき、とうとう「デスプルーフ」
からは見てないんだわ。これは反省してるけど。

それで久々のタランティーノに。
なにせ評判もいいしね。個人的にのれたのは、CHAPTER2までかな?
復讐劇とナチの攻略ものがもっと複雑に絡み合うと思って
たんで、いささかがっかり。
セリフも以前より印象に残るものがなかった。

話題のナチの将校役の人、意外にまぬけ?

カールじいさんの空飛ぶ家

Ci091231202754.jpg
映画を見ると、基本、突っ込みいれたくなるけど、これは一分の
スキもない。完璧。

冒頭の妻との出会いから別れまでのセリフなしの説明。ここは
あまりにも有名なんで、泣きは完全覚悟しておりましたが
以降も泣きっぱなし。
じいさんがまんまと空を飛び立つところから、何度も何度も。

でもうまいのが泣かせるシーンはすぐに終わり、笑い、
冒険と、どんどん映画は進んでいくのだ。

最後もこうなるだろうとわかってはいるのに、涙が
止まらない。ひとつひとつでてきたエピソードも
グッズもすべてストーリーに反映される。

参りました

個人的にはモノを捨てられない人間なので、家を手放すときの
じいさんの心情は非常にわかるものが・・・・。

そして初の3D。めがねに気をとられて、集中できず。
もっとふわふわするかなーとは思ったけど。

 | HOME |  »

プロフィール

yucom

Author:yucom
映画にまつわりそうなことなら
なんにでもクビ突っ込み、
情報を追い続ける生活して、
もう一体何年?
しかしサブカルって言葉も
80'S全開すぎ?
でも、もっと精進して、
ますますよくわからない人
目指します♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


解析

アクセス解析


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。